オーガニックのデメリットポイント

オーガニックのデメリット

オーガニックは人の体だけでなく環境にも優しい存在として、まるでデメリットがないように思われていますが、実はそんなこともありません。

まず第一に挙げられるのが、値段の高さです。
薬品や化学肥料などを使わないで原料を育てますから、その手間や苦労は並大抵のものではなく、それにかかる費用というにはどうしても薬品を使う以上となってしまうのです。

しかも、有機栽培をおこなっている農家というのはまだ少数ですから、その価値は高く、どうしても販売価格も高くなる傾向に…。
安心・安全なことは確かですから、それに対しての価格となっている部分もあります。

そしてちょっとショックでもあるのが、有機栽培…つまり無農薬栽培だといわれていても、100%無農薬ではないということ。
安全性の高い指定された農薬の使用は、認可機関からも認められたりしているのです。
認められた農薬であれば、使用したとしてもオーガニックと名乗れるのです。

また、形が不ぞろいといった見た目の問題もあります。
自然や作物の力だけで育ちますから、その形は均一ではなくある意味個性的。
虫食いが少し目立ったり、大きさがバラバラだったりと、個々の差が大きいのです。
オーガニックともなると、そういった不恰好なところは気にしないようにしないと、まともに買うことはできないかもしれません。
とはいえ、そこまでひどいものは販売されませんが…。

最後に、忘れちゃいけないのが流通量の少なさです。
まだまだ有機栽培で育てる農家さんは少ないですから、近所のスーパーではあまり種類も豊富に販売されていません。
販売されていたとしても、特定の食材やその数も少ないものです。
今は昔ほど少なくもありませんが、やはりまだ少ないです。
とはいえ、インターネット販売の方が種類も豊富に、確実に販売サイトも増えています。

メリットばかりに思えるオーガニックも、高い100%の無農薬ではない形が不ぞろい流通量が少ないといったデメリットもあります。
とはいえ、これも考えようによってはそうそう悪いものではありませんし、だからこそといった側面もあります。
オーガニックに対しての人気・注目度が高まってきている事からも、今後はさらにデメリットが軽減されていくことが期待されます。

トップへ戻る