オーガニックって何?

オーガニックに込められた深い意味

オーガニックとはどういったものなのか?

それを簡単にいうと、有機栽培で作られた作物を使っての製品ということになります。
ですが、それだけでなく「地球温暖化をくい止める」とか「自然の生き物を大切にする」といった自然や環境保全のことも考えられた製品としても捉えられています。

例えば、国際的な有機農業推進活動をおこなっているIFOAM( 国際有機農業運動連盟) では、環境・生活・自然との共存・身土不二・社会からの観点から活動をおこなっています。

・化学農薬や化学肥料の不使用で水・土・大気を保護
・保存料は着色料といった添加物に頼らない
・科学的な塗料や染料などによるアレルギーのない生活
・自然界の動植物の保護
・適地適作・地産地消
・児童労働の禁止、植民地栽培の排除、南北格差の解消

オーガニックとは、こうした上記の目標も含まれているのです。
人の体への影響だけでなく、自然なども広く視野にいれた活動からおこなわれているのです。

日本と世界ではオーガニックの基準が違う

オーガニック製品は食品から衣類、コスメ、生活用品まで、さまざまなものが揃っています。

日本では、登録認定機関の認証を受けた農家が作った作物に対して、オーガニック(有機栽培)JASマークがつけられています。
このオーガニックマーク、つまりはJAS認定を受けるのはなかなか大変なものがありますので、生産者や企業による独自の規格基準での有機栽培アピールもされています。

それはコスメ業界でも同じ。
食品に次ぐ勢いでオーガニックは広がりつつあるのですが、こちらは1種類だけオーガニック成分が入っている状態でも、オーガニックコスメとアピールできる状態。
そこに化学物質が入っていてもオーガニックコスメといえちゃうのですから、メーカーによる解釈がさまざまなことがわかります。

では、海外の有名なオーガニック製品も、日本のような緩いオーガニック認定がされているのかというと、そんなことはありません。
フランスではエコサート、ドイツではBDIH、オーストラリアではACOといったように、厳しい基準と判定するための認定団体が設置されています。

では、オーガニック製品を扱うブランドとして有名なものはどんなものがあるのでしょうか?

食品であれば「エルトベーレ」や「ラグジュアリーベーシック」、コスメであれば「メイドオブオーガニクス」「ロクシタン」「ジョンマスターオーガニック」、衣類であれば「ピープル・ツリー」「テネリータ」「カソレア」など…。
インターネットの通信販売はもちろんリアル店舗としても見かける事が増えてきています。

トップへ戻る